土壌汚染対策法の特定施設って何??


みなさんこんにちは!

今日は特定施設というワードについて

お話ししたいと思います。

なるほど!土壌汚染対策法

なるほど!土壌汚染対策法

特定施設とは、排水の水質の規制が必要な施設として法令によって

特別に指定された施設で水質汚濁防止法と下水道法における

特定施設があります。

土壌汚染対策法第3条では、特定施設の中でも特定有害物質を

使用する特定施設が廃止された場合、土壌汚染状況について

調査を行うことが規定されています。

特定有害物質を使用している施設は基本的に行政に届出を

していますのでその施設が廃止する際に、

行政からこの特定有害物質を使っていたとのことなので

調査してくださいねとなるわけです。

対象の土地にある施設が特定施設かどうかを

調べる方法については管轄する行政によって異なり

直接窓口に行って確認する(東京都23区など)、HPで公開(大阪市など)、

FAXで住所や地図で申請(奈良市など)など様々です。

水質汚濁防止法、下水道法両方の特定施設を同じところで

調べることができるところもあれば水質汚濁防止法は環境課に、下水道法は下水道課に

確認しなければならない場合もあります。

まずは、市役所または県庁の環境課(環境管理課であったり環境政策課のことも)に電話を

掛けて聞いてみるといいと思います。

お問い合わせ、ご質問がある方はジオリゾームにご相談ください。

佐伯


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA