7月 07

ダイオキシン類のことについてご存知ですか?~人への影響、生成条件は何?~


皆さん、こんにちは!

ダイオキシンという言葉は新聞やニュース等で

見聞きしたことがあるかと思いますが、一体

ダイオキシンとはどのようなものかご存知でしょうか?

また、ダイオキシンはどの

ような状態で生成されるのでしょうか?人に対して

どのような影響があるのでしょうか?

ダイオキシンは複数の物質の総称ですので、

ダイオキシン類という言い方がふさわしいです。

今日はダイオキシン類についてお話しします。

ダイオキシン類とは

ダイオキシン類とはポリ塩化ジベンゾパラジオキシン

(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン (PCDF)、

ダイオキシン様ポリ塩化ビフェニル (DL-PCB) の各物質の

総称です。簡単に言えば、下記の図の通りです。

 

 

ダイオキシン類による人体の影響

ダイオキシン類は発がんを促進する作用、甲状腺機能の

低下、生殖器官の重量や精子形成の減少、免疫機能低下

を引き起こすことが報告されています。

ほかの化学物質と比べれば、ダイオキシン類は

とても安定した物質です。紫外線で徐々に分解されず、

簡単に酸やアルカリに反応しません。しかし、

ダイオキシン類は脂肪等に溶けやすいので、

一旦体のなかに入ると、蓄積されてしまいます。

 

ダイオキシン類が生成される条件とは

廃棄物の燃焼温度が300℃~500℃の時、ダイオキシン類が

生成されます、800℃以上の場合は完全燃焼となるため

に、分解されます。200℃以下の場合もダイオキシン類は

生成されません。

しかし、800℃からゆっくり冷却する時、ダイオキシン類

はまた生成されてしまいます。そのために、現在日本の

廃棄物焼却炉は,焼却物を完全燃焼させるために800℃以上

で焼却することになりました。また、ダイオキシン類の

生成を抑えるためには,燃焼ガスが300~500℃で

滞留する時間をできる限り短くするように,速やかに

冷却させます。

しかし、昔の廃棄物焼却炉はこのような技術は

持っていませんので、元廃棄物焼却炉の跡地から

ダイオキシン類を検出された話は少なくありません。

もし皆さんがダイオキシン類について何か不安や悩みが

あれば、是非お気軽にジオリゾームにご相談ください。

出典:

https://www.pref.saitama.lg.jp/cess/cess-kokosiri/cess-koko12.html

http://www.env.go.jp/chemi/dioxin/pamph/2005.pdf

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA